« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月20日 (土)

B級グルメな(?)神戸ナイト -洋食の朝日-

木金土3日間のAO TRAUMA principles Course、
ハードに詰め込んだ日程で勉強しまくりました。
(睡眠学習込みですがw)
骨とかネジとかクギとか夢に出てうなされそうです(笑)

Aotrauma_2

と言うことで勉強三昧の3日間(睡眠学習込みですがw)、
本日17時で修了/終了し、やっとゆっくりできる神戸の夜♪
こっちに住んでる友人に遊んでもらって帰ってきました。

まずこんなのを見に行って↓
Photo

そのあとこんな洋食屋さんに行って↓
P1010874


こんな夕飯を食べて↓
Photo_2


んで、三宮駅でお茶してここに戻りました↓
P1010846


いやー美味かったっす、「洋食の朝日」のビーフカツ。
見てのとおりレアのステーキ肉がそのままカツに…。
衣はサクサクで肉はとろけるようにやわらかい。
で、ご飯と味噌汁がついて1300円なり。
コスパは文句なしで最強。

きっと自分ちの近くにこの店があったら
毎週1回は通うな、きっと。

土地勘がなければアンテナにかからない店です。
連れて行ってくれた○○○さんに感謝♪
と、今日は珍しく食べ物ブログ系で書いてみました(笑)

さて…明日は京都?ww
 
 
下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

2.18-2.20 AO Trauma Course@神戸

2月17日(水)~2月21日(日)の日程で神戸に行きます♪

AO Trauma Course―Principles in Operative Fracture Management
Venue: ANA Crowne Plaza Kobe, Japan
Date: 18 Feb 2010 - 20 Feb 2010
http://trauma.aojapan.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=12

Aotrauma


骨折治療の基礎を学ぶAO Principles Course受講です。
ぺーぺーでもないのにいまさら骨折の基礎、基本原理?
ってツッコミ受けそうですがPrinciples Courseを通過しないと、
その先のAdvances, Specialty Courseの受講資格が得られないので。

17(水):午後から移動。夜には神戸着
18(木):9:50~セミナー出席。19:00~Reception
19(金):8時~19時半までみっちり勉強?
20(土):8時~17時までみっちり勉強?神戸で遊ぶ?
21(日):チェックアウト。ソッコーで帰る?
    or 神戸/関西エリアで遊ぶ?
    
木金土はタイトなスケジュールで勉強三昧。
ヘトヘトへろへろになりそうですが
どうせ行くならちょっとくらいは神戸/大阪で遊びたい。

おすすめの過ごし方、遊び方、お店、イベント、
神戸/大阪、関西エリアの情報募集ちうですnote



下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

山本病院事件は『過失致死』じゃない...『傷害致死』だ!

ひとつ前の記事『山本病院事件…と大野病院事件』、ぜんぜん頭の整理もできてないままに書いた文章でしたが、いろいろコメント入れてもらって、それに対するレスポンス考えたりするうちに、この事件の位置づけ、自分たち(医師)がこの事件をどう扱うべきかが多少見えてきた気がします。前回の記事コメントで、近森先生に指摘され、ベース医者さんと論点を整理し、ひとつ見つけた具体的に我々医師が主張すべきこと。それは…

山本病院事件は『傷害致死』として告発せよ!
これは決して『業務上過失致死』ではない!

ということです。

今まだ報道、マスコミというフィルターを通してしか情報を得られてない。何が本当で何が間違いか、何が真実で何が嘘か、まだ厳密にはわからない。この事件を検証するにも評価するにも、まだまだ元になるソース、素材の信頼性にかけると言わざるを得ない。だけど…

この事件、この医者は許せないっしょ、理屈抜きで!?この事件で「やっぱり医者ってのは…」とくくられたらたまったもんじゃない!このニュースを見知った世の中の医師の大半がそう思っているはずです。

このケース、良性腫瘍を癌と偽って手術したのです。主治医、執刀医が癌だと信じて手術をして、結果死に至らしめたのなら『業務上過失致死』による起訴が妥当でしょう。でも、ここ数日でだんだん事件の構図が見えてきた。この手術、明らかに癌じゃない、手術が必要ないのがわかってて、癌だと嘘をついて手術をしてますよね。故意犯です。だから…過失致死ではありません。そりゃ最初から意図して殺す気はなかったでしょう。だから…殺人でもありません。この事件は、過失致死事件ではなくて、殺人事件でもなくて、傷害致死事件なのです。

医師免許を『殺人許可証』と言われないためにも、この事件を「医師の過失致死」として処理してはいけません。この事件は「医師が、医師としての業務を行っていて、患者に対し必要な医療行為を行う過程で、医師の過失によって患者が死んだ。」のではなくて「医師免許を持つ犯罪者(あえて“医師”とは言いません)が、金儲けのために、手術が必要だと騙して、患者ではない人を傷害し、結果死なせた。」そういう事件なんです。だって、この手術は医療じゃないんですから。

……
手術のあとに酒飲んでたからどうだとか、いろんな報道に修飾されて、だんだん香ばしくなってきました。ひでぇ病院だ、ひでぇ事件だ、そのとおり、私もそう思います。だけど、だからこそ、歪んだ裁き方をされないよう、しばらくは注目し続け、監視し続けないといけないと思ってます。
 
山本病院事件の問題点は、昼間から飲酒したことではない うろうろドクター

 
下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

山本病院事件…と大野病院事件

山本病院事件…
2月6日、理事長が逮捕された手術患者失血死の過失致死事件です。この事件に関して「どの病院も同じようなことやってんだろw」とか「こういう病院への批判も“医療崩壊”の原因だって言うわけ?w」みたいなコメントがあちこちで目につきます。

この起訴/逮捕をあえて、あの大野病院事件と並べて記述してみました。

山本病院事件
奈良県大和郡山市の山本病院、元理事長の山本文夫容疑者(52)と同勤務医の塚本泰彦容疑者(54)が逮捕されました。容疑は…肝臓がんと診断した男性患者(当時51歳)に経験や技術なく、また必要な医師の態勢確保、輸血の用意もせずに手術を行って適切な止血処置を怠り大量出血で死亡させた疑い、です。
 
大野病院事件
福島県立大野病院、産婦人科医の加藤克彦容疑者(38)が逮捕されました。容疑は…帝王切開の手術中、女性(当時29歳)が胎盤をはがせば大量出血の恐れがある「癒着胎盤」と知りながら、子宮摘出手術などに移行せず、手術用はさみで胎盤をはがし、大量出血で死亡させた疑い、です。

 
なんの背景も知らずに上のふたつの文章を読むと、ものすごく酷似した、同じレベルの事件に見えてしまいませんか?

前者、山本病院の山本医師は、生活保護受給者に手術をしたように装い、架空手術で診療報酬をだまし取ったとして先月実刑判決を受けたばかりです(控訴中)。さらには…この死亡した患者の肝臓は手術の必要のない肝血管腫(良性の腫瘍)だったそうです。それも専門家が見れば術前のCTで血管腫の診断は明らかであった、と。少なくとも知りうる範囲では地元の医師達からも擁護する意見は上がっていません。

後者、大野病院事件は、今更説明の必要はないでしょう。医療崩壊の原因のひとつとも言われた事件です。逮捕直後から、不当逮捕だ、という声が全国で湧き上がりました。逮捕から2年半を経た2008年8月、無罪判決が言い渡されました。

容疑は容疑であって、罪は確定してません。山本病院の山本文夫容疑者だって無罪になるかもしれない。報道がどこまで正確か、まだよくわからない。そして、こんなお粗末な事件であっても、これを刑事事件として扱うことが適切かと聞かれたら、そして逮捕が妥当だったのかと聞かれたら、正直言って私はまだ自信もって言える回答を持ってない。お茶を濁したコメントしかできません。だけど、それでも、少なくとも、この事例を大野病院と同じ土俵で語っちゃいけない。

我々(医者、医療者)にとっては、この2つの事件が同列に語れないことは直感的に明らかですが、たぶん一般の方には何がどう違うのかわかりにくいかもしれません。「一般の方には区別がつきにくい。」からこそ“我々医者、医療者が”この事件、このニュースにきっちり焦点を当てる、掘り下げて考える、検証する、そしてそのプロセスや結論をちゃんと発信して語るべきと思います。

我々医療者が、大野、大淀、割り箸等の各事件に対して怒りをぶつけるなら、そして大野病院事件では無罪を勝ち取れたからこそ、今回のような事件もスルーせずに、それなりの評価をし、それを語らないといけないのではないでしょうか。それで初めて理不尽なことを理不尽だと主張して耳を傾けてもらえる。この2つの事件の違いを説明し、同じに見えてしまうリスクを指摘するのは、医師が、医師の目で見るからこそ個別に独自に評価/判断できることであり、すべきことなんじゃないかと思います。
 
 
 
元理事長に逆らえず「がんの疑い」山本病院事件 YOMIURI ONLINE
専門外手術も自慢 元理事長、虚像の一面…山本病院事件 YOMIURI ONLINE
手術した腫瘍は検査で「良性」 容態急変後に一時逃走の疑いも 山本病院事件 産経ニュース
日記に「説明ちんぷんかんぷん」=山本病院患者死亡事件-奈良県警 時事ドットコム
「山本病院」業過致死容疑逮捕 貧困ビジネス荒稼ぎ 毎日jp
福島県立大野病院産科医逮捕事件

下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ 

| | コメント (27) | トラックバック (1)

2010年2月 7日 (日)

スキー&スノボ

先月なんですが…
日帰りで、久〜〜しぶりにスキーとスノボしてきました。

久しぶりって、どれくらい久しぶりかというと
スノボは5年ぶり、スキーは10年ぶりです。
どっちも久しぶりだし、次にいつ行けるかわからないので
欲張って午前はスキーして、午後はスノボと贅沢な一日♪

以前は、
スキーならギャラリーの視線を浴びてコブ斜面をブリバリ滑降、
スノボも華麗なカービングでゲレンデを舞った私ですが…

ま、体が覚えた技術、感覚はそれなりに残っていて
そこそこにはすべれて満足して楽しんできたけど
長いブランクで、やっぱり下手くそになってました(T_T)

技術の維持向上には継続が大事ですね。
診療技術、オペとかも、ね。

…と不自然なネタ振りで落としてみたりして
ちょっとブログの方向性で悩み中の私つよぽんでした(笑)

Photo


下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »