« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月28日 (水)

禁煙1周年(禁煙プロジェクト その3)

2008年の10月28日にスタートした私の禁煙プロジェクト。
とうとう今日で丸1年になりました!(・∀・)v
 
さて、
「日本人の99%が禁煙しても私はやめない!」とか
「やめろっつーなら法律でタバコ禁止しろよ!」とか
そんな感じで開き直りつつ吸っていた私がよくここまで来たなぁ…
と感慨深い1周年です。そんな今日、
外来で肩の手術を決めた40歳代の患者さんと私の会話↓
 
つよ「では○月○日に全身麻酔で手術ということにしましょう。」
   ところで○○さん、もしかしてタバコは吸います?」
患者「…吸います。20本くらい。」←雲行きが…という表情w
つよ「麻酔科の先生からキツく言われているんですよ、
   全身麻酔を依頼する場合は患者を禁煙させてください、と。
   喫煙者は全身麻酔の時に痰が多いので危険なんだそうです。
   と言うことで、今 日 か ら 禁煙してくださいね♪」

 
自分が1年前までスッパスパ煙草吸ってたのを棚に上げまくり
エラソーに超強気な発言をするつよぽん医師であった(笑)
 
患者「き、禁煙っすか。ど…努力はします、むにゃむにゃ。」
つよ「お願いしますよぉ。頑張ってくださいね〜。
   ところで次回の来院時には手術の詳しい説明もしますので
   ご家族、奥さんも一緒に連れてきてもらえますか?」
患者「あ、その時もしかして禁煙してるか家内に確認するとか…。」
つよ「あ、そうかflair、それも確認しましょう♪」(←わざとらしくw)

 
自分が禁煙中だからって…
なんて嫌味な医者なんだ、私は(笑)
でも、麻酔リスクはホントです。喫煙者は全身麻酔で痰の分泌が多く
麻酔導入や覚醒の挿管〜抜管(気管チューブの挿入、抜去)
でのリスクは明らかに非喫煙者より高くなります。
 
 
禁煙して1年経ちましたが「卒煙!」かというとまだ危うい。
人によっては禁煙数ヶ月ですっかり煙草嫌いになったりしますが
私はいまだにタバコの煙自体を嫌いになれません。
友人が吸っていると「うまそう…」と思ってしまいます。
1周年はまだゴールじゃありません。
引き続き“禁煙続行”です。
 
 
とは言え、ちょうど1年。区切りは区切りですよねぇ。
禁煙し始める直前は1日30本くらい吸ってたので
12ヶ月で16万円くらい浮いたことにはなります。
 
そろそろ自分にご褒美…なに買おうかなぁwww
 
 
つよぽん@禁煙ちう(禁煙プロジェクト その1)
http://tsyosh.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-5fd4.html
禁煙プロジェクト その2
http://tsyosh.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-6e75.html

 
下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ
  

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

いつか訪れる死について

つい2時間ほど前なんですが、いつもの某SNSの…
医療系コミュニティで久々に自前のトピックを立てました。
きっかけはたわいもないことだったんですが…まぁいいや。
あまりにも大きなテーマなので収拾つかないだろうとは思いつつ、
でも、いろんな人のいろんな考えを聞いてみたくて。
立てて2時間で40ほどのレスが付いてます。
 
 
いつか訪れる死について
 
商売柄(?)人生の終わる場面を見る機会が多いわけですが…
いろんな死に方をする人がいます。
 
予告も前触れも覚悟もないままに交通事故で突然死ぬ人、
死に至る病で余命を言い渡されて予定どおりに死んでいく人、
自分で望んで自らの命を絶つ人。
  
多くの家族や友人に囲まれて惜しまれながら息を引き取る人、
身よりがなくて誰にも見向きもされないままに死ぬ人、
子供も孫もたくさんいるのになぜか寂しく死んでいく人。
 
死にたくない死にたくないと生に対する執着にあがきながら死ぬ人、
苦しみ、もう死なせろと言い続けた末に病苦から解放されて死ぬ人、
告知を受けKübler-Rossのお手本どおり死を受容して最期を迎える人。
 
誰もがいずれ必ず死ぬ、死はいつか必ず訪れます。
わかってるけど…たくさんの死を目の当たりにしているくせに
生き方とか死に方とか、まだぜんぜん答えにはたどり着けません。
派手に?地味に?賑やかに?安らかに?何かを残す?残さない?
幸せに死ぬことなんてできるのか?
 
さて…死ってなんなんですかね?
私は?どう生きてどう死にましょう?
 
答えを持っている人、ヒントを持っている人、
考えたことのある人、考えている人、悩んでいる人…
何か書いていただけます?いつか訪れる死について。

 
 
考え始めたらキリがないし、そのくせ答えも出ない。
だけどグダグダ考えたりし始めたら意外ととまらない。
死を意識しながら生きるのもそう簡単じゃないし楽しくもないけど
死について考えることは「生き方」を考えることでもあるから。
トピックでは医者っぽい書き方をしてしまったけど
医者として“死”を考える、とかじゃなくてもっとストレートに、
単純に「いつか必ず死ぬ自分」はどう死ぬか、で当面どう生きるか…
なーんかガラじゃないこと書いてる気がしますが、まいっか(笑)
 
たまたま不運にも(?w)このブログ記事を読んじゃった方、
ここののコメント欄でも、持論でも思いつきでも独り言でも
なにか気分次第でテキトーでいいので書き込んでください。
 
それを読んで私がまた何か感じたら続きを書きますし。
(とか言って続いた試しがあんまりないがww)
 
 
 
更新してなかったもんでランキングが下がりまくってます(T_T)
ということで…下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ
 

| | コメント (37) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

仕切り直してw当直実況中継 その11

今日は当直です。
 
この夏くらいから…
めっきり更新頻度を落としてしまったこのブログですが
(だって最近ホントにスッゲー忙しいんだもん(T_T))
今日は仕切り直しの意味も込めつつ書いてみよかと。
 
気合い入れて書こうとすると
かえってPC打つ手が止まるものですね。
リハビリのつもりでぬるーく行きます。
 
と言うことで今回は取り留めのない独り言になる予定♪
あー愚痴っぽくなりそうな悪寒…

12:30
そう言えば…
いつもは午後5時の当直突入と同時に記事アップしてて
当直に突入する前のお昼から書き始めたのって初めてかも??
今日は午後から自分の予定手術が2件あります。
17時までに手術が終わらないと当直業務に支障が出るんで…
午後の手術は全開モードで巻いていきます!

14:00
手術1件終了。あっという間ですた♪
(実はただの指の骨折後の抜釘だったので) 
次の手術は同じ手術室で肘の骨接合、
腹臥位(うつぶせ)なので全身麻酔です。
患者入れ替えと部屋、手術器械の準備のために少し間があります。
手術と手術の間の、この時間が我々にとっては
ちょっとした休憩と頭の切り替えの時間。
貴重だったりします。

煙草を吸っていた頃は、
この時間に外の喫煙所に行ったりしてましたねぇ…。
そう言えば、あと3週間で禁煙1周年だ。
 
17:00
肘の骨接合は滞りなく16時には終了♪
よっしゃー予定どおぉり(・∀・)v
んでその後の病棟業務もついさっき終了♪
よっしゃー予定どおぉり(・∀・)v
んで17時を超えて当直時間帯に入ったけど呼ばれてません♪
よっしゃー予定どおぉり(・∀・)v
安らかな夜であることを…
台風もどうやら抜けたようだしww
そうすればネット徘徊しまくれるしwww
  
18:30
膝を捻挫した患者、続いて高血圧があって目眩がするという患者。
よーするに怪我人が一人と病人が一人、来院。
専門が整形外科なもんで、外傷患者はウェルカムだけど
内科系の急患はうれしくないものです。気分的には、ね。
ほれ、どんどん脈絡なしの独り言ブログになってきたぞww
ま、今日はこんな感じで(笑)

21:30
なんと!その後は救外からコールありません!
台風の影響?静かな夜です。 

22:30
患者が2人来院。ただの熱発1名、めまい1名。
引き続きネットに張り付いてます。

当直と関係ない話題なんですけど、
私は手術記録を手術が終わったその場で書き上げるようにしてます。
以前は複雑な手術ほど、あとで丁寧な記録を作ろうと思って
後回しにして、結果そのときの記憶が薄れてしまって
記録としてイマイチなものになってしまうパターンが多かった。
その場で書くと短時間でその手術のエッセンスが詰まった
記録がサラサラと書けてしまいます。
(殴り書きっぽくて丁寧じゃないけど記録としては必要十分w)
 
ここ最近、ブログ更新頻度が落ちた自分を振り返ると
これも手術記録と同じなのかなー...と。
例えば前回書いた、浜松の学会に行ったこと。
帰ってきてから総括して文章にして体裁を整えて…
なーんて考えているうちにめんどくさくなって
リアルタイムな「書きたい気持ち」も薄れてきて
そんなこんなで「今更書いてもなー...」なタイミングになっちゃって
…で、結局書かない、と…(^^;)
 
何かを感じたときに、感じたことを感じたままに、
ドン!と推敲もせずにただ文字にして投下してしまうのが
生々しくて自分の覚え書き的にもイチバンいいんだろうなぁ。
 
…と最近思うので今後はそうします。
と今は思ってるけど結局また放置だったりしてww

 
23:50
やっぱりこのまま終わらせてはもらえませんね(笑)
胸痛を訴える高齢者が来院したと。
行ってきます........((((ヘ_ _)ヘ
 
1:40
胸痛のじーちゃん。胸部Xpはn.p.、一通りの採血も所見なし。
WBCもCKも正常範囲内でCRPもトロポニンTも陰性。
でも、12誘導の心電図でv1〜v4のST上昇あり。
痛みはそこそこで、さほどつらそうじゃないんだけど
採血検査結果出るまでの時間様子見てても胸痛は変化ないと。
心電図のST上昇はしっかりくっきり明らかなので内科拘束医をコール。
ニトロ舌下して再度心電図。少し改善??
異型狭心症疑いってことで入院ということに。

うちの病院の当直が、産科以外の全科当直で
内科系、外科系、小児救急もぜーんぶ診てるってのは
以前当直実況中継 その7で書きました。
これって、すんごいストレスなんだけど整形以外の知識や
専門以外の疾患に対する嗅覚を鈍らせないでいられるのは
大きな利点なのかもしれない、と思います。
「整形外科医」である以前にまず「医者」であるという
アイデンティティを保てる(勘違いかもしれんけど)のは
この免許でメシ食ってる者として幸せなんだろな。
(と、自分に言い聞かせつつ内科のカルテを書く私(笑))

3:40 
さっきの患者を最後に、救急外来も医局も静まりかえってます。
で…SNSを徘徊していても起きている人が減って寂しい…。
とか書いている暇があったら来週の講義のスライド作れよ>自分w

実は来週、市の消防本部で「外傷の病態と救急活動」って
救急隊員、救急救命士向けの講義することになってるんですが
…まだ資料なんにも作ってまへん…(-_-;)  

7:45 
その後呼ばれることなく朝を迎えました(・∀・)v
さて、シャワー浴びて今日の業務へ…   
 
 
更新してないもんでランキングが下がりまくってます(T_T)
ということで…下のふたつ、ポチッとよろm(_ _)m
にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ
にほんブログ村
 
人気ブログランキングへ
 

| | コメント (49) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »