« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

年越し実況中継 (当直実況中継 その5)

年越しオンコール待機番のつよぽんです。

今日、大晦日は当直ではないんですが…
年の瀬にいきなり開放骨折が来て呼び出し食らい
これから緊急手術です。

当直並に働きそうな…予感がしないでもないので
ブログで年越しを実況中継してみることにしました。
年が明けて新年の朝まで思いついたことをリアルタイムに、
脊髄反射的に垂れ流す“独り言日記”
当直実況中継シリーズの第5弾の形を取りつつ初の試みです。

年越しの大晦日〜元旦にヒマな人なんかいないでしょうけど
見ちゃった人、コメント欄でかまってやってくださいm(_ _)m


はい、スタートε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄∇ ̄)┘
 
 
2008年12月31日
 
15:20

オペ室の準備ができた、と呼ばれたので行ってきます。
実は同時にもう1人、骨折の急患が来たので
続けてやっちゃいます。

16:50
右中指末節骨開放骨折(不全切断)+母指基節骨骨折
再接着にはならず、断端形成と母指は骨接合して終了。
オペ室は部屋の準備しなおして…
患者入れ替えてこれからもう1件です。

例年を振り返ると…大晦日は正月より患者が多い印象です。
大掃除とか皆が落ち着きなくバタバタ動いてるから
怪我もしやすいんでしょうね。
正月に比較的怪我人が少ないのはモチ食ってテレビ見て
寝正月の人が多いからでしょうか?(笑)
  ↑
(ウソツキ。今日の救外、大晦日より患者が多かった :元旦に追記)

18:40
2番目の手術、第5中手骨骨折のオペ終了。
手術中に連絡があった救急外来の患者、もう1人診てきます〜。

19:30
救急外来の患者は軽症でクスリ処方のみで帰宅。
病棟に上がって、さっきのオペ患2人の病状説明、
ついでに他の患者の指示ちょっと出して終了…かな。
呼び出したオペ室ナース3人も、お疲れさん♪
これで今年はメス納めにしよう、うん。
取りあえずオラ帰る、もう帰る〜!!

ここから先は2008→2009年の変わり目をまたいで
「お部屋でまったり年越し徒然日記」になる予定。
(強い希望♪)

21:00
帰ってきて…今のところ病院からコールはありません。
このまま年をまたげるか?
年越しの今日の当直は脳外科の先生です。むっふっふ♪
整形オンコールをやっていて、その日を平和に過ごせるかどうか
当直の医者が誰か、によってもけっこう左右されます。

23:30
引き続き、家でまったりちう♪
ここまで来れば…
今呼ばれても手術が始まるのは年明けの0時過ぎになります。
となれば2008年の手術はさっきの中手骨骨折が最後ということで…
2008年の当院整形外科、手術件数は1068件でした。
3人+αの体制でこの数はフツーじゃないと思う。
この話題はまたあらためて記事に書こうと思ってます。
ところで外、病院のほうから救急車のサイレンが聞こえます…
あのQQ車が骨折じゃないことを祈りつつ新年まであと30分。

2009年1月1日
 
0:00

shineあけましておめでとうございますshine
2009年になっちゃいました。

元旦と2日も私がオンコール。働きます。
年末年始の当番をやるのは、今の病院に来て3年連続。
で、去年も一昨年も元旦に緊急オペやってました。
そう言えば去年は年末年始ずっと忙しかった。
大晦日に麻痺が急に進んでいる椎間板ヘルニアの手術、
元旦には大腿骨転子部骨折の骨接合(PFNA)
1月2日には切断指の再接着をやってました。
さて今年は…?

1:10
病院から電話。年明け初コール来ました。
と言っても救急外来からではなく病棟からです。
骨折の術後で入院中のばーちゃんが吐血、と。
これが2009年の初仕事になりますね。
病院に行ってきます(-_-)/

2:10
病棟に行って診察して指示出して帰ってきました。
吐き気も出血もさほどではなくて、一晩様子見でよさそう。
禁食にして吐き気止めの静注、内服の消炎鎮痛剤の中止。
止血剤を入れた点滴とPPIを指示して、あとは明けて朝、
採血して貧血の程度をチェックすることにして帰宅。

8:40
おはようございます。
3時から8時までの5時間、ぐっすり眠れました♪
今日、元旦の業務は9時から救急外来でスタート。
創処置の患者を診て、そのあと病棟へ。
行ってきます(-_-)/

15:00
なにもなければ外来キズ治療数人と病棟回診して
サクッと11時ころ病院脱出のはずでしたが、
元旦の病院、救急外来を甘く見ちゃいけませんw
ちょうど昼頃に来院した椎間板ヘルニアを1人入院させ
そのあと来たのは足の骨折。
めでたく(?)3年連続元旦オペ決定です。
今、オペ室ナース召喚して準備ちう。

ところで今回のこの年越し実況中継、
元旦になってもエンドレスにダラダラ書いちゃってますが
どこで区切りましょう?…ww

18:00
腰椎麻酔で骨接合、
記念すべき今年1例目の手術も無事終わりました。
で、病棟で術後説明も終えて、
去年から放置のままだった書類、診断書も何冊か片付けて
元旦の業務終了かな。

帰ります。
明日も仕事っす。

そろそろ年賀状でも書くか…(笑)

  ↑
でシメたつもり、今日はもう呼ばれない気がしてたのに…
呼ばれたから続けてやる〜ヽ(`д´;)/

21:40
コール。今度は交通事故?鎖骨骨折らしい。
行ってきます。

22:30
鎖骨がポッキリでしたが手術はしなくて良さそうな感じ。
鎖骨骨折用のバンドを装着してもらって正月明けに再来。
と言うことで…地域住民のみなさん、
本日は、ただ今をもちまして骨折禁止ですっ!!
も〜シメ! 終了! 閉店!! 

さて…年賀状でも書くか(ボソ

2009年1月2日

5:30
「骨折禁止ですっ!!」とか書いたら…
骨折の代わりに開放脱臼が来ました(-_-;)
午前2時頃に呼ばれて、オペ室スタッフ呼び出して
手術が始まったのが3時半で、終わって帰って5時半。
9時にはまた病院に行かないと…。

さて…今年の年賀状あきらめるか(ボソ
ハガキは100枚買ったんだけどww

18:30
読む人にとってはヒッジョーに退屈な
グダグダな苦労自慢日記の様相を呈してきましたが
ま、記録としての意義はあるだろうと言うことで
ここまで来たらオンコールが明けるまで続けます。
(開き直りっ!!w)

今日も朝からエンドレスで働いてます。
病棟回診直後、お昼頃に「救外の患者3人診てほしい」と。
同時に3人来た患者のうち急性腰痛は痛み止めして帰宅。
あと2人は骨折。2人とも正月が明けてから、
6日に手術することにして、うち1人は今日入院。

で帰ろうとしたらスノボで肩を骨折した患者が来ました。
正月明けの予定手術はもうオーバーフロー気味だし
骨折の手術は安全にやれるなら早いに越したことはない。
本人/家族も早いほうがいいと言うし、これから手術します。
と言っても器械とインプラントが届くのが19時過ぎ、
それから滅菌してオペ開始できるのは21時頃。

と言うことで器械とオペ室の準備待ちで待機ちう。

頑張れ自分…(笑)
ここを乗り切れば明日と明後日はフリーじゃ!

20:00
器械は到着した。即オートクレーブへ。
滅菌が上がるのが20:40頃。
麻酔は全身麻酔ではなく斜角筋間ブロックで。
麻酔とscrubbing、drapingの時間差を折り込んで
患者のオペ室入室は20:20とする。

…そろそろ私も手術室へ。医師用の控え室で待機する。
手術開始時間が近づくにつれ…私の五感は研ぎ澄まされていく。
そして20分後に始まる手術に精神を集中させるために…
今はブログ更新しながらネット徘徊ちう(笑)

2009年1月3日

11:00
おはよーございます(笑)
昨日は手術と術後のあれこれも全部終わって23:00
日が変わる前にはうちに帰って爆睡しました。
二度寝、三度寝して今、起床です。
昨日手術した患者もいるのでちょっと病院に顔出しますが…
それで終わり、私は解き放たれます\(^o^)/


私の好きな言葉
『大統領のように働き王様のように遊ぶ』

年末年始、大統領のように働きました。
今日と明日は王様のように遊びます。
こんだけ働いたら自分にご褒美あげないとね。
(2日間爆睡して終わったりしてw)

で、年賀状はどうしよう…(-_-;)
 

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

2008病院クリスマスコンサート(報告編)

街の中、クリスマスのイルミネーションもすっかり片付けられ
年越しムードにスイッチが切り替わっちゃってる今日この頃ですが
予告編を記事にしていた病院クリスマスコンサートの報告編です。
 
 
18:30
開演まで15分。各病棟の患者、付き添いの家族が集まり始めました。
2階の外来ロビーに設置した会場、待合室のイスに席を取る人々…
看護師が押してきた車椅子の患者さんたちは前のほうへ…
エスコートして患者を連れてきた看護師や看護助手も混じり…
クリスマスコンサート会場には約4万人の観衆が集まりました(ウソ
 
18:45
開会の挨拶のあとコンサート開演です。演奏プログラムの最初は…
看護部長・看護師長によるハンドベル合奏
メリークリスマス 〜よろこびの歌 〜ジングルベル
去年、一昨年に続いて3年目の合奏は安定感のある演奏でした。
ハンドベル、透明な響きに癒されます。クリスマスだねぇ…って感じ♪
さて…師長たちの合奏が終わって出番です、つよぽんバンド(・∀・)v
司会進行役、新人ナース(トナカイのコスプレww)が演奏者の紹介。
誰かが台本に書いたんでしょうけど
 
「さて、続きまして皆さんきっとお待ちかねの…
 当院きってのイケメンでお送りいたします。
 つよぽんバンドです、よろしくお願いしまーす♪」
  
イ…イケメン?
そういうネタで紹介されるという打ち合わせはありませんでした。
ぁゃιぃサンタコスプレに身を包んだオッサンが3人…
いきなり「当院のイケメン」と紹介されて不意打ちを食らい
3人とも挙動不審になってしまいました(笑)
うぅ、思いっきり出て行きにくいぞ…(-_-;)
足取り重く袖から舞台に登場する“イケメン”三人衆であった…w
 
と言うことで、
かねてから“ごく一部で”強いリクエストのあった動画を披露します。
私がイケメンではなくアフォ面のオッサンだとバレてしまいますが
とうとうYouTubeにアップしてしまいましたっ!!
で、キーボードのミスタッチ、歌の音程不良(要するに音痴)、
その他挙動不審w いろいろありますが…
弾き語り…歌いながら弾くっつーのはメンドいのです。
歌にも楽器にもどっちつかずで意識を集中しにくいので。
カラオケで歌だけ歌えばもう少し上手く歌いますわよ〜!!
…と前フリの言い訳が長いのも格好悪いっすね。わっはっは(汗
 
 
 
2008/12/18 つよぽんユニット @病院クリスマスコンサート
 
1.Everything(It's You) / Mr.Children
 http://jp.youtube.com/watch?v=jBrQBNjXRT8

 YouTubeにもアップした、バンドで何度も演ってる曲ですが、
 今回の編成はピアノにアコギとエレキのギター2人が絡むだけなので
 2番からギターで厚みをつけるくらいの“しっとり系”でやってみた。
 ギターソロも、もっとゆったりしたメロディラインにしたほうが
 よかったかなー...というのは演ったあとを聴いての印象です。
 で、そのエレキギターのAIさん、DVDを見て自分で言ってましたが
 けっこう緊張していたらしく、表情が硬すぎですww
 AIさんには「恥ずかちいからヤメて〜!」と言われたのに
 動画アップしちゃいましたぁw  ゴメン、AIさんwww
 
2.ハナミズキ / 一青窈
 http://jp.youtube.com/watch?v=toXwL36MYr0

 今年の7月26日、研修医Bくんの披露宴
 Bくん夫妻のリクエストに応えて弾き語りした曲です。
 転調とかは面倒なので省いてシンプルに…
 ミキサーのセッティングの問題ですけど反省点、
 アコギ&コーラスY田くんの音量が小さめだったのが惜しい。
 Everythingもだけど、ギターもハモリもしっかりした音量で絡めば、
 私の音痴がごまかせたかも?(笑)
 いや、えっと、あの、いい曲ですよね、これ(^^;)
 
3.翼をください / 赤い鳥
 http://jp.youtube.com/watch?v=4U6a5TdU2-I

 かなーり古い曲ですが日本のフォークソングの王道です。
 いろんなアーティストがカバー曲を出してますよね。
 今回、ハンドベルを披露した看護部長&師長チームが合唱参加。
 後ろであんな風に手を振ったりしてくれていたんですね。
 前を向いて歌っていた私は…この映像を見るまで知りませんでした。
 コラボして楽しんで楽しませてくれた師長さんたちに感謝♪
 地元の合唱団のリーダーもスペシャルゲストで参加、いい声です。
 他力本願で盛り上がりを演出した『イケメン三人衆』であった(笑)
 会場…自然に手拍子が…ってとこまで乗せられませんでしたが
 多くの皆さんが聴き入り、口ずさんでくれているのが
 歌って演奏しているこちら側から、しっかりと見えました。
 
 
 
ともあれ自分が、自分たちが目一杯楽しんじゃったイベントでした。
聴いていた人たちにも(それなりに?)楽しんでもらえたと思います。
 
 
「医者が(医者なのに?)演奏する、歌う」
こういう妙な(?)病院の非日常、off dutyの医師を見ると
治療を受けている患者さんたちは「へぇ…」って思うみたいです。
レントゲンの下、白衣で机に向かいカルテを書く姿、
青い術衣を着て大きなマスクを付け、メスを持っている姿、
家族を集めて深刻な病状をしかめっ面で説明する姿、
デフォルトのそういうイメージが濃すぎるからでしょうかね?
こういうイベントをやって、演奏や歌が上手じゃなくても
患者さんたちから喜ばれたり、ウケを取れるのは、
ちょっとズルイ『意外性という役得』かもしれません(^^;)
 
 
…コンサート翌日の金曜、病棟回診。
 
コンサートを聴いていた患者さんや付き添いの家族から
回る病室ごとに「昨日のコンサートは…」という話題が出ました。
「素敵だったわぁ」「医者とは思えない」「芸達者ですねぇ」...etc.
「ボクを褒めても退院は早まりませんよw」とかリアクションしつつ
いつもよりかなーり回診に時間がかかりました。
  
去年に引き続いて…またファンを増やしてしまった…w
(ファンの平均年齢はちょっと高いけど…w)

20082

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

病院のクリスマス (hospitalityって?)

18日の病院クリスマスコンサートは大盛況で終わりました。
その報告は置いといて、と(笑)
 
ちょうど1年前、去年の病院クリスマスコンサートの日。
いつもの某SNSで「病院のクリスマス」というトピックを立てました。
ちょっと改変しますが、こんな感じです↓
 
 
 今まで私、いろんな病院で働きましたが、クリスマスに
 患者向けイベントを企画する病院がけっこうありました。
 
 今日、うちの病院はクリスマスコンサートです。
 以前いた病院では医長がサンタクロースの格好で病室を回り
 主治医や担当看護師からのメッセージを付けたプレゼントを
 入院患者に配る企画が好評でした。
 (整形病棟で…プレゼントはカルシウム入りのお菓子(笑))
 
 医療従事者の方々、クリスマスに入院していた方々
 病院で過ごしたクリスマスのエピソードを披露しませんか?

 
 
 
医師や看護師、病院職員、クリスマスに入院していた患者、
いろんな立場からのいろんな体験を語るコメントがつきました。
 
入院中だった患者、病院食にケーキやチキンがついた、とか…
その食事に、更にクリスマスカードが添えられていた、とか…
小児科病棟なんかは医者がサンタの格好するのが定番だったり…
セミプロな演奏家が来て本格的なイベントがあったり…
うちの病院のように職員がいろんな演奏をしてみたり…
ボランティアがダンスや手品や大道芸をやった、とか…
地元の学校の生徒や地域住民の合唱団♪…とか…
 
楽しかったイベントの紹介が大半で、トピックの流れそのものが
暖かさと優しさに包まれた感じの展開だったんですが
そこにボソッと、こんな感じのコメントが↓
 
 
 「極少数かもしれないけど心がこもっていない状況もあります。
  クリスチャンでもないのに便乗して病室に押し掛けて
  楽しそうに騒ぐのはやめてほしいと思ったことがあります。」

 
 
あ、そうか…。
 
盲点を突かれて、浅はかな私はちょっと目が覚めた。
この短い文章は、ふたつの問題提起を含んでいると思いました。
ひとつは、そもそもクリスマスって何?ということ。
もうひとつは、病院って心や身体を癒すべき人々がいるわけで
静かに過ごしたい人、そっとしておいて欲しい人への配慮の問題。
お祭り騒ぎにクリスチャンが気分を害するかもしれないし
病状が重かったり気分の優れない患者に気配りは必要ですね。
 
病院は英語でホスピタルです。そのホスピタルにおいて
「押しつけや押し売りではない、本当のホスピタリティとは?」
このコメントをきっかけに、そんなことグダグダ考えてしまった。
  
ほとんどの患者にとって入院というのは嬉しくない非日常です。
そこに嬉しい(かもしれない)非日常を演出すること、
そういうことに手間暇かけることも病院のホスピタリティとして
悪くないんじゃないだろうか…その考えは変わりません。
クリスチャンにも、クリスマス気分じゃない人にも、
こういう企画をやることそのものは大目に見て欲しい。
(気分を害する患者が出ないよう配慮した上でです。)
 
日本のクリスマスも、バレンタインデーも、
すでに本来とは違う日本流の国民的(?)イベントとして
一人歩きしてますが、それでいいんじゃないかなーと思う。
クリスマス、口実やきっかけ、素材に過ぎません。
それはバレンタイン、七夕、ひな祭り、なんでもいい。
大事なのは、癒したい、もてなしたい、喜んでもらいたい
純粋に、そういう気持ちが根底にあることでしょうね。
 
気をつけるべきなのは…
「もてなす側」「企画する側」が自ら楽しむのを優先しちゃって
やる側の自己満足だけにならないように、ということです。
企画側が盛り上がりすぎると忘れがちになる点かもしれません。
 
でも「もてなす側」のホスト役が気配りはしつつも気を使いすぎず
自分自身がリラックスして企画を楽しんでしまうことも
“楽しませる”ための大事な要素、というか極意だと思います。
楽しみながら、楽しませる。皆が自然体で楽しい時間を共有する…
簡単そうでいて難しいことなのかもしれません…いや違うなw
難しく考えさえしなければとっても簡単なことなんです、きっと。
 
 
と言うことで、今年の病院クリスマスコンサートも私は…
目一杯ワガママに“自分が”楽しんでしまいました(笑)
いいのか、これでいいのか?…ww

2008

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

病院クリスマスコンサート(予告編)

本日12月18日、病院クリスマスコンサートがあります。

去年のクリスマスにもやりました。外来前のロビーで、 
看護部長&師長達によるハンドベル合奏、地元の合唱団による合唱
そして私も出演時間をもらって弾き語りの演奏をしました。
去年、演奏して歌ったのは…

1.なごり雪 /イルカ
2.Something /Beatles
3.Let It Be /Beatles

Photo
 
 
で、今日、今年も演ります、去年同様3曲。
Beatlesくらいなら誰でも耳馴染みがあって問題なしですが、
やっぱり患者のじーちゃんばーちゃん達にも聴かせるとなると
日本語の曲がいいだろう、ということで今年選んだ曲は…

1.Everything(It's You) / Mr.Children
 YouTubeにもアップした、バンドで何度も演ってる曲ですが、
 今日の編成はピアノにアコギとエレキのギター2人が絡むだけなので
 アコースティックっぽい弾き語りしっとり系(?)でやります。
 
2.ハナミズキ / 一青窈
 研修医Bくんの披露宴で,Bくん夫妻のリクエストに応えて
 弾き語りした曲です。転調とかは面倒なので省いて…
 いや、えっと、いい曲ですよね、これ(^^;)
 
3.翼をください / 赤い鳥
 かなーり古い曲ですが日本のフォークソングの王道です。
 これは今年もハンドベルを披露する看護部長&師長チームが
 合唱参加で盛り上げてくれる予定♪

場所:2階の外来前のロビー
時間:18時45分開始

入場無料です(当たり前じゃw)
病院まで来られる方は是非どぞ♪

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

戦場のメリークリスマス Avec Piano

私、坂本龍一けっこう好きです。
 
いろいろ好きな曲はありますが特にお気に入りの1曲は
戦場のメリークリスマス(Merry Christmas Mr.Lawrence)
まともに1曲ちゃんと弾けるピアノ曲、ほとんどないんですけど
この曲は好きな曲だったので楽譜を買ってきてマスターしました。
今も(もう途中うろ覚えだけど)ときどきKbで弾いてます。
  
と言うのを前振りにして(笑) 
クリスマスも近いので、それっぽいエピソードをひとつ。
  
 
短期語学留学…アメリカで過ごした夏のこと。
滞在はホームステイではなく大学のドミトリーでした。
ロクに授業には出なくてテキストもぜんぜんやらなくて…
英語の勉強というより、集まった多国籍な学生達で遊びに行ったり
徹夜で語り合ったり(それはそれで英語の勉強になったようなw)
そんな夏だったワケですが…
 
ドミトリーの教会に古ぼけた調律もしてないピアノがありました。
平日の午後、誰もいない教会にふらっと入りピアノを見つけた私。
 
なんとなく戦メリ(戦場のメリークリスマス)を弾いていました。
そこへ…人の気配がして、鍵盤を叩く手が止まる。
誰もいないはずの教会の外に漏れた音で覗きに来たのでしょう。
同じ語学留学のスペイン人の女の子でした。
 
女の子: How beautiful! What's the song?
つよぽ: This song is called "Merry Christmas Mr. Lawrence"
    written by Japanese famous song writer. You like it?
女の子: Yes, wonderful! May I dance on the music?
    If you don't mind...
つよぽ: You dance? Why not!
女の子: Go ahead. Play the piano, please...
 
私の弾く戦メリに合わせて女の子は優雅に踊り始めました。
 
古い教会、埃だらけのピアノ、窓から差し込む午後の光、
即興の創作ダンス…Sakamotoの曲に合わせて舞う少女。
まさに絵になる光景、というか、まんま一枚の絵画でした。
今でも目に焼き付いていて、この曲弾くとフラッシュバックします。
でも名前は忘れちゃったなぁ、あのスペインギャル…。

 
 
その後…
そのSpanish girlや、その友達、そのまた友達…
だんだん集まる人が増え、更に口コミで人は集まり、
平日の教会は音楽好きの語学留学生達の溜まり場になりました。
私は…集まったみんなから毎回“戦メリ”をリクエストされ、
同じ曲を弾きまくり、ちょっとしたSAKAMOTOブームがおこりました。
日本のサカモトの名を広め国際貢献した私つよぽんでしたが
 
そしてCUTEなSpanish girlとつよぽん教授の間にはロマンスが…
とかそーゆーおいしい発展はぜんぜんありませんでした。
ちぇっ! 
 
 
うーん、曲が戦場のメリー“クリスマス”ってだけで
季節は夏だしエピソードは全然クリスマスっぽくないっすね(^^;)


Merry Christmas Mr. Lawrence_Ryuichi Sakamoto on YouTube
Sakamoto Ryuichi - Merry Christmas Mr. Lawrence (Live)
坂本龍一(Ryuichi Sakamoto) Merry Christmas,Mr Lawrence
戦場のメリークリスマス

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2008年12月 2日 (火)

生きております(^^;) その2

「人間ひとりの持ち時間」って限られていて
どんな人にも平等に1日24時間ですよね。
 どうも最近の私は、自分のキャパを考えずに
自分で自分の負荷を増やしちゃうみたいです。
 
この1週間…
「1日24時間という持ち時間」に
「すること/すべきこと」を盛り込みすぎて
オーバーフローギリギリの数日間を過ごし
…壊れそうになっておりました。
 
ということで、ブログやSNSのコメントやメッセージ、
それにいろんな方へのメール返信が滞っております。
ご容赦くだちゃいm(_ _)m
 
よーするに今日のブログ記事は記事というより…
単なる遅レスの言い訳ですww
 
 
 
 
 
11月28日(金)
 
朝イチのQQ車は切断指。再接着の緊急手術で午前中の仕事が吹っ飛び、午後からズレ込んだ仕事を片付けてもそう簡単には追いつかない。日曜に受ける予定になっているJPTECのための最終訓練で消防本部に行くつもりだったけど…夕方までに仕事が終わるはずもなく断念し、日曜は…ぶっつけ本番になることがほぼ決定ww 
 
11月29日(土)
 
午前中フツーに仕事してたら昼から指2本の開放骨折、緊急オペしてそのまま入院。28日の再接着指と頚椎オペの患者の容態変化でその後もコールされまくり、土曜なら時間があるから少しは…と思っていたJPTEC受講の予習は最後の悪あがきも断念。夜遅く…やっと帰って事前勉強もあきらめたし少しは眠っておこうとしていた午前2時にはまたもや指の開放骨折で救急外来から呼び出し。緊急手術して終わったのが4時。朝が来て明るくなれば出かけなきゃ…。
 
11月30日(日)
 
さて、ぶっつけ本番のJPTEC受講日なわけで…6時に出発、JPTECプロバイダーコースの受講会場へ。最後の筆記試験、実技試験(OSCE)を含めて午前8時から午後6時過ぎまでみっちり。夜中の緊急オペで徹夜の身にはちょっとこたえた。なんとか合格し修了証とカードをゲト(・∀・)v 
 
んで、実はこれだけで1日は終わらない。翌月曜日のライブイベントで3曲演奏することになっているのでJPTECの受講と試験で疲れた頭と身体を休めるヒマもなく午後9時からはスタジオ入りしてバンド練習。0時までの3時間でなんとか演奏予定の3曲を仕上げ、帰宅…するやいなや意識を失う(笑)
 
12月1日(月)
 
この日は外来…が終わって総回診までの1〜2時間はちょっと余裕があるはずだったけど、またまた指2本の先端をつぶした開放骨折が…緊急オペ。連日の手指の外傷、なんか最近多くね?手術が終わり予定より遅れて総回診開始。仕事は押せ押せに…夜の予定がなにもない日ならいいけど、この日は演奏が。こうなるとその後の行動は分刻みになってくる。業務を急いでこなして出発、ライブやるお店でバンドメンバーと合流。3曲の演奏、うーん、出来はまあまあか。それよりも他のバンドも聴いて触発されまくって午前1時に帰宅…するやいなや意識を失う(笑)
 
12月2日(火)
 
午後からの手術は4件だけど、そのうちのひとつは昨日受傷の多発外傷で1人の患者でで7ヵ所の骨接合、執刀は私じゃないけど途中で助手。そのあと病棟業務。そして今、やっと今日の業務が終わってこれを書いてます。レセプト、診断書、入院総括、書類仕事も思いっきり溜まってますが…もう今日はそういう作業する気力なし(笑)。腹減ったからメシ食ってきます。
 
今週末には少しゆっくり休める、かな…?

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »