« 8.9 夏期研修会 その3(メディアからの提言) | トップページ | 8月20日、福島レポート »

2008年8月20日 (水)

X−day、8月20日という日

おはようございます。8月20日の朝です。
 
8月9日の夏期研修会の記事、
今日20日までに完成させようと思ってたんですが
気負っちゃったら筆が止まって前半書いて頓挫してます(汗)
すんませんsweat02
 
ちょっとそちらは置いといて…
 
今日は仕事を休んで、これから福島に行きます。
 
大野病院事件、判決公判は20日午前10時開廷だそうです。
一般的な、裁判で判決が下されるときの時間経過とかよく知らないんですが
すぐに判決文が読み上げられるとすれば、お昼には判明してるのかな?
 
 
私は今日、これに参加してきます↓
シンポジウム「福島大野事件が地域産科医療にもたらした影響を考える
 
 
 
ボールペン作戦の記事の最後に書いたんですが…
 
 
>そして…X−day 
>判決の8月20日は何かが変わる日になるかもしれません。
>有罪判決が出ても、無罪の判決が出ても、きっと何かが動きます。
>日本の医療の向かう先が、今よりもう少し見えるかもしれません。
> 
>注目していてください、8月20日という日に…。
 
 
裁判を傍聴するわけじゃありませんが、
「8月20日」を自分の目で見てきます。
 
福島は日帰りですが、行ってみて、
言いたいこと、書きたいこと、伝えたいことが湧いてきたら
ブログにも「私の8月20日」を、なにか書くかもしれません。
 
…し、書けないかもしれません。

|

« 8.9 夏期研修会 その3(メディアからの提言) | トップページ | 8月20日、福島レポート »

大野病院事件関連」カテゴリの記事

コメント

普段、某巨大SNSでつよぽん先生の書き込みをROMってます。

とうとうXday来ましたね。
自分も医大生なので、将来進む科を決める“材料”として注目しています。

投稿: | 2008年8月20日 (水) 09時01分

とうとうこの日が来ました.
10時10分くらいまで,
ずっとパソコンに向かいっぱなしでした.(え!?)

正直,ちょっと前まで
「大野病院事件? は?」
くらいの認識しかなく,そのままであれば
今日もただの一日で終わっていたと思います.orz

しかし,何がきっかけだったか忘れましたが,
この事件を知る様になって,今日が来るのがある意味
ちょっと怖い感じもしました.
もし万一「有罪」となってしまったら,
この先一体どうなってしまうのか…crying
という思いが常にありました.
今回は“産科”“周産期医療”に焦点が当てられていますが,
決してそこだけに止まらないのは明白です.

根底にあるのは.
「一生懸命助けようと思ったのに,気がついたら犯罪者に!?」
という状況を,どうやっても受け入れがたいということ.
患者さんが亡くなったら逮捕されるのであれば,
まず生死に直結する科の医師がいなくなり,
手術に関わる科の医師がいなくなり,
患者さんと関わる科の医師がいなくなる…
そして誰もいなくなった.wobbly

患者さんを助けたくない医師なんていないと思います.
でも,どうやっても助けられない状況もまだまだ山ほどあります.
そもそもCPAで運ばれてきた場合は極端ですが,
全身転移した後で癌が見つかった場合など,……
色々なところで書かれていますが,
「病死,自然死を受け入れられない社会は異常」
なのでしょう.

あと,一般の人から見て,
「明らかな医療過誤」と「起こりうる合併症」の違いが
あまりピンと来ないのではないかと思います.
医師側から「これは避けられない合併症だった」といっても,
一般の人からは「医者同士でかばい合っている」という様に
見えるようです.
でも,同じ医師同士でも,明らかな医療過誤に対しては
そのように反応することが多いと思います.
そういう意味でも,「客観的な立場の医師」の存在は
これから重要になっていくのかもしれないですね.

……書いていて自分でも訳がわからなくなってきました.orz
この先の展開がどうなるかはまだわかりませんが,
とにもかくにも一段落はしましたね.いい方向に.confident
これで周産期医療の崩壊がすぐに納まるとは思えませんが,
少なくとも「患者さんを助けたい」と思っている医師の
モチベーションは何とか保たれたのではないでしょうか.

それにしても,福島日帰りなんて…
つよぽんせんせー さすがです!good

投稿: J | 2008年8月20日 (水) 20時40分

医師無罪の判決が出ました。
まずは亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ご遺族にとってこの事件は「事故」であり、防ぐことが可能だったはず、
判決には納得できないという思いに最大限配慮しつつ、
それでも言わねばならないことがあるように思います。

つよぽん先生が今日の福島で何を感じ、何を得てこられたのか。
急いで言葉にするより、ゆっくりと考えた末の行動のほうが
むしろふさわしいのかもしれませんね。

投稿: 蝸牛 | 2008年8月20日 (水) 21時17分

朝、研究室に「今日ですね」と言いに向かいました。
in福島でいないかなと思いつつも・・・
やっぱりいなかった。
(お休みの時は本当は連絡要です(笑))

今日は医局でもいろんな先生がこの判決に注目している事を
窺う事が出来ました。

明日も午前中に7研乗り込もーっと(笑)
頭の整理?!ついてなくても話を聞かせてもらいたいです。

投稿: ももこ | 2008年8月20日 (水) 23時47分

お疲れ様です。
無罪判決を得てようやく落ち着いてものを書くことが出来るようになったので私も書いてみました。

http://blogs.yahoo.co.jp/mihyon0123/folder/855339.html

投稿: LUPO | 2008年8月21日 (木) 17時37分

>1番の匿名さん
コメントありがとうございます♪
医大生なんですか?注目、そうですよね。
我々現場の医師たちにとって人生を左右する重大な事件です。
これから医師になるあなた方には、もっと大事かもしれませんね。

>Jさん
長文コメントありがと〜!
Jさん、冷静な目で見てますね。
コメントを読んでの感想、医師側の目だけでなく
一般の人の視点からどう見えるかも考えてのコメント
そして「客観的な立場の医師」という言葉でJさんが表現したいこと、
すごくよくわかるし納得できますよ。
我々は“医師”ですがneutralにものごとを考える
冷静さを持ち続けたいですね。

>蝸牛さん
ゆっくりと考えて書きたいこともたくさんありつつ
まとまらないまま垂れ流し状態でもいいから
溢れるままに書き散らかしたいこともたくさんです。
これはあちこちにクビ突っ込むことで自分に流れ込んでくる情報
(オーバーフロー気味です(-_-;))も、自分の考察も感情も。
さて、どう書くかな〜。

>ももこさん
あ、ごめーんsweat02
前々から「福島に行ってくる〜!」と言い散らかしていたから
ももこさんにも言ったつもりになってました…(-_-;)
病棟と外来にはかなり前からカレンダーにも書いて
伝えてあったんですけど…あたたた。

>LUPOさん
ブログ記事、読みました。
理屈じゃない思いが刺さる…凝縮された文章ですね。
この事件は産科医ではない我々にとっても非常に重い事件ですが
LUPOさんたち産科医の心にもたらしたものは我々のと比較にならない
くらいのものだった、と思い知らされてます。

…あ、呼ばれたsweat01

投稿: つよぽん@当直ちう | 2008年8月21日 (木) 22時03分

車での御参戦、ありがとうございました(>▽<)!!!
今週はきっとバテバテでしょう(みんなそうでしょうけれど)
お疲れが残りませんように!

見知った顔がたくさんいて安心しました ..。*♡

投稿: 野村麻実 | 2008年8月23日 (土) 09時30分

加藤先生、無罪確定のようです。

   ↓

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/medical_malpractice/?1219996954

加藤先生とそのご家族、支援してこられた方々、
そして亡くなられた患者さんのご遺族も、本当に
お疲れ様でした。

この無罪判決が、医療崩壊歯止めの第一歩となってくれることを、
心から祈念いたします。

投稿: 25-25 | 2008年8月29日 (金) 17時37分

>野村麻実センセ
今さらなコメ返しですんませんsweat01
シンポジウム、企画から発言までの大役、お疲れ様でした。
最後のまとめの発言は本当によかった。
心に響く発言でした。
今後のご活躍も期待してます。
ただしご自身の身体とご家族優先でね〜w

>25-25さん
うおー棟梁、ご無沙汰でございました。
コメントありがとうございます。
判決は無罪だったとは言え
確定になるまで、なんか心地悪い感じでした。
棟梁のコメントではじめて「控訴断念」を知り
次のブログ記事を書いたですぅ〜!

投稿: つよぽん@日直佳境 | 2008年8月31日 (日) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510591/42219124

この記事へのトラックバック一覧です: X−day、8月20日という日:

» 大いなる誤解 [Amegoza BLOGUE]
「本件患者の死亡という結果は、‥‥という疾病を原因とする、過失なき診療行為をもってしても避けられなかった結果といわざるを得ない」 平成20年8月20日福島地裁判決(県立大野病院事件)より 『病院で診療行為が行われた以上、過失が無ければ患者の死亡という結果になるはずがない』 と、患者や遺族の立場からはそう信じたい気持ちから、大いなる誤解に陥ってしまうのはいた仕方がない面はある。総じて現代の日本人は自分に降りかかる不利益や不幸を自身で受け止める心の容量が小さくなっているために、それを他人や社会の責... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 22時51分

« 8.9 夏期研修会 その3(メディアからの提言) | トップページ | 8月20日、福島レポート »