« Newケータイ、ゲト(・∀・)v | トップページ | 2008.7.5 (Sat) LIVE at PASSARO »

2008年7月 2日 (水)

成長の早い看護師

オペ室に来て3ヶ月のナース
 
来たばっかりにしては手術の介助にセンスがある。
手術介助のナースって手術器械を医師に手渡すだけじゃなく
執刀する医師の助手の役割もしたりするんですが、コヤツ…
筋鉤を引く(組織をよける道具で手術の視野をよくする)のも
「ここ、引いて。」「これ持ってて。」とか言わなくても、
手がほしいと思った瞬間、言う前に手を出してくる。
オペ室歴が長くてもスッと術野に手が出るヤツは少ない。
「前にもオペ室で働いたことある?」と聞くと
「いえ、はじめてです。」と。経験は浅いので
「あ、引くのはそこじゃねーよ。」ってことも
よくあるんだけど、それでも手術の流れを見て
参加しようとする姿勢はかなーりポイント高いです。
きっと一人前になるのは早いと思う。
 
整形病棟ナース(主任)
 
整形病棟の看護師の中でダントツに
疾患を理解していて頼りになる主任がいました。
何年整形病棟にいるのか、と聞いたら、
内科やいろんなところを回って整形病棟に来て
まだ3年くらいの看護師でした。
どうしてなんだろう…としばらく観察していて
「考える」習慣が人よりあるからだとわかりました。
医師が出した指示、投薬、処置に対して必ず
「なぜその指示が出たか?」と考えている。
勉強している。わからなかったら必ず聞いてくる。
そりゃ成長早いはずだ、と納得しました。
そして自分でできる限界の見極めもしっかりしているから
安心してまかせておけました、彼女のすることなら。
 
 
仕事の経験値アップ、成長の早さにも個人差はあります。
医師は…と言えば、使えない医者もいるにはいるけど
たいていは多少なり成長して技術や知識を習得していく。
看護師は、どんどん吸収して成長していく看護師もいれば
早い遅いという以前に…成長しない看護師もいたりする。
…なぜだろうかと考えました。
 
医師の目から見た勝手な論理かもしれないけど、
看護師という職種の置かれるポジションの
微妙さによる現象なんじゃないだろうか。
 
チーム医療…
医師、看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士…
その役割分担の中でやっぱり主導権を握るのは医師です。
医師の仕事と一線を画して“看護”“看護学”というものは
独立しているかもしれないけれど、それでも臨床の現場では
医師は指示を出す存在、看護師は指示を受ける存在、
現実としてそういうふうなロールプレイは否が応でも存在する。
 
指示を受けることに徹すると自分で考えなくなってしまう。
 
ついでに…これはリハビリスタッフにも言えます。
うちには優秀なハンドセラピストの作業療法士がいます。
手の手術の術後リハビリ、大雑把な指示だけ出して
細かいところは「お任せ♪」とか言っちゃったりしてます、私。
医師が出す指示に対して「なぜ?」がないと成長しない。
疑問を持たず指示通り仕事をこなす相手には危なっかしくて
「お任せ♪」とは言えない。
 
さて、私は?
成長しようとするスタッフに対しては
その成長をサポートできる医師でありたいと思う。
少なくとも成長を邪魔しない医師でありたいと思う。
 
と偉そうなこと言って仕事「丸投げ」してますscissors
あれ? coldsweats01

|

« Newケータイ、ゲト(・∀・)v | トップページ | 2008.7.5 (Sat) LIVE at PASSARO »

コメント

ほんと、そうなんですよね。
ハンドセラピストを含めPT、OTの先生なんかは自分で物事を考える人もまあいるけど、
看護師に関してはその率は低い傾向がありますね。
それはでも医師にも問題があって、トップダウンで指示(またこれが全くエビデンスがない)を押しつける医師が多くいることが、彼女(彼)らのやる気を削いでいるところはあるでしょう。
医師達だけで納得する治療に満足していてはダメだろうと思って、日々コメディカルと膝をつき合わせての勉強です。
結構自分も知らないことが多いのに気づいて、勉強しないとやれません。
彼女たち、考えもつかない発想で質問してきますから・・・
でも時間を割いて教えたら教えただけ、その先数ヶ月後には・・・
私達医師自身もHappyに仕事できるようになっているような気がします。

投稿: にゃんこ | 2008年7月 2日 (水) 08時40分

>にゃんこセンセ

いやまさにおっしゃるとおり!!
つか、この記事の続きのネタを先取りされてしまった(笑)
看護師やPT/OTなど他職種から教わることも多いんですよね〜。
教えると同時に教わること、教えることによって教わること、
たくさんある気がします。
医師側が柔軟じゃないとうまく機能しませんよね。

投稿: つよぽん | 2008年7月 2日 (水) 09時20分

上の先生たちは、そういう楽しみ方もあるのですね。

小児科医として1年目のいうことは、看護師は基本ききません。
いつもと違う指示を出す時には、特に主任クラスにはきちんと病態を加味してなぜその指示をだすかを説明しながらにしていたのですが、結局上級医に確認されたりします。
最近はめんどくさくなって、

「○○先生と相談してこうしました」

という指示が多くなってしまいました。
それが一番スムーズに仕事が進むし、ストレスも少ないですから。

そんな看護主任は、ステロイド大量につかって免疫抑制状態の患児の隣に肺炎を入院させようとしました。
勉強会に行くよりも前に、勉強することがある気がするなぁと思ったり思わなかったり。

投稿: ahosidai | 2008年7月 2日 (水) 12時57分

で、できれば臨床工学技士と臨床検査技師も入れて欲しいですweep
整形の先生とはあまり絡まないから仕方ないですけど・・・

投稿: ひかる | 2008年7月 2日 (水) 18時26分

オペ室ナース、病棟主任、あの人の事かなきっと・・・と思いながら拝読させて頂きました。
現場で評判の良い方は、事務的立場(蚊帳の外ではありますが)からみても間違いない存在です。

病院という組織の中での今の自分、たいした事してないくせに、やりがいは感じちゃったりしてます。
でも正直、これからまた勉強して医療技術職につきたいと思う事がよくあります。(おこがましくも・・・)
やっぱり、必要とされる存在の順位をもろに感じるんですよね。。。私の配属されている課は。


でも、どう考えても能力がない(笑)!分相応にですね。
今置かれている立場の任務を遂行しなければ。
30歳目前に、向上心だけは強いので、時々暴走しそうになります。。。

投稿: ももこ@明日は大学へ出張 | 2008年7月 2日 (水) 23時53分

仕事に高い志を持ち真摯に学ぶ姿勢のあるナースは魅力的です。
彼女らと共に仕事を成し遂げたとき
至福の喜びを感じるのは何故でしょうか。
チーム力は何より一番大切な事だと痛感している毎日です。
組織が大きくなると優秀なナースほど組織の悪慣習に染まるのを
嫌い去っていくのは寂しい限りです。


投稿: シェルパ熊 | 2008年7月 3日 (木) 02時37分


>ahosidaiさん
楽しみ方って…(^^;)
でも確かに楽しいんですよ、
教えるのも、教えることで学ぶのも。
私もぺーぺーの頃は自分よりも経験の多いコメディカルに
信用されなくて苦労したり、
コケにされてブチ切れそうになったりしてました。
負けるなー、頑張れー!

>ひかるさん
臨床工学技士と臨床検査技師も…そうですね。
自分に見えにくいところにいるコメディカルも
見る目を養わなきゃだなー。

>ももこ@明日は大学へ出張さん
最近やっとももこさんが体育会系の熱い人だと知りましたYO!!
うちの病院で私が秘密裏に結成している「暴走職員の会」
に入れてあげますね。うひ。

>シェルパ熊さん
シェルパ熊さん、同じ思いを持ってますね…。
「優秀なナースほど組織の悪慣習に染まるのを嫌い去っていく」
そういう去っていくナースを今まで私もたくさん見てきました。
優秀なナース、コメディカルが「ここでなら働き続けたい」
と思える病院が作りたい。「こいつ等と一緒に働けるなら
ここで働きたい。」っていう職場にできればなぁと思います。
言うは易く行うは難しですが…。

投稿: つよぽん | 2008年7月 3日 (木) 20時49分

>「優秀なナースほど組織の悪慣習に染まるのを嫌い去っていく」
>そういう去っていくナースを今まで私もたくさん見てきました。

あと,看護婦さんが
病棟の主任さん→看護師長さん→副看護部長さん→…
と昇進していくにつれ,「看護」から管理職の色合いが
強くなり,現場から離れてしまうというのもありますね.

>優秀なナース、コメディカルが「ここでなら働き続けたい」
>と思える病院が作りたい。「こいつ等と一緒に働けるなら
>ここで働きたい。」っていう職場にできればなぁと思います。

自分の経験してきた少ない数の病院を振り返ってみると,
「ここでなら働き続けたいと思える病院」というのは,
組織や設備よりも,一緒に働いている人達の影響が大きい
と思います.これは職種や科によっても違うでしょうけど.

端から見ていて,先生の病棟はとてもいい雰囲気で
皆さんが仕事されているなと感じます.
(本当にチラ見した時の印象だけですが…coldsweats01

自分もオペ室で「先生が担当でよかたー happy01」と
思ってもらえる様に頑張らないと.
「えー!? 今日○○!? サイテー crying
とか思われていたらどうしよー… orz

投稿: J | 2008年7月 3日 (木) 22時27分

つよぽん先生こんばんは

I主任はどこへ行ってもきっと通用する方ですね!
先日私がお邪魔した時もわざわざ外来へ会いに来てくれましたし、以前も結婚祝いを下さったりと、ただ仕事が出来るだけの人では無いんですよ。開業したら是非雇いたい人です(まずしませんが)!どうぞよろしくお伝え下さい!

P.S
今ウチの職場ではその後、いろいろとんでもない事が起こりつつあります。きっと何かの噂がそちらに聞こえたとしたら、それは真実です。

投稿: サカナくん | 2008年7月 4日 (金) 01時16分

>Jさん
働きがいのある職場って“人"なんですよね、ホント。
今は外来、病棟、オペ室、働きやすいと思ってます。
で、もっともっと「働いて楽しい職場」にしたい。
Jさんが来てくれてオペ室も以前より活気が増した気がするよ♪

>サカナくん
「どこへ行っても通用する」
そう、技術や知識の引き出し、蓄積と柔軟性がある人は
どこへ行っても通用するし、どこへ行っても通用する自信があるから
強気でいろんなことをやれるんだと思う(話がズレてる気が?まいっかw)
ところであーたは開業なんて考えちゃいけません!(笑)
「P.S」が意味深です。メールで教えれ〜〜w

投稿: つよぽん@明日はライブ! | 2008年7月 4日 (金) 19時57分

つよぽんせんせ
クラークも入れてくだちゃいweep
私も先生方にレセのお願いするタイミングや診断書・・・そして病名や病棟で処置した時の傷の長さ・深さ・筋に達する達しない・・・何の材料を使ったか・・・いろいろとタイミングみて聞いてコストとったりしてるんですYO
長いことクラークやってると、だいたい使用する衛生材料や点滴やら手技やら・・・わかってきますね。
でもクラークも勉強しないと全然ダメですね。
私は「なんで?」「どうして?」と処置してるのも目で見て勉強したい口なんで(^_^;)
気切や創部処置も見学させてもらいました(^◇^)
他のクラークちゃんは気持ち悪いと拒否ですけど・・・・

投稿: ぷう | 2008年7月 5日 (土) 17時09分

確かに・・・勉強を続けるって大切ですよね。

私も成長出来ているだろうか・・・?心配だわ。。。
つよぽん先生みたいに、見守ってくれるDr.がいると安心します。

投稿: かんちゃん | 2008年7月 8日 (火) 00時08分

>ぷうさん
クラーク、事務系も仕事に対する意識の差でかなり戦力的に違ってきますよね。
ぷうさんは偉い。一緒に働いてみたいです〜!

>かんちゃん
私は見守るだけじゃなくてけっこううるさいっすよ(笑)
そういう私も成長せずに退化してるんじゃないか心配です…。

投稿: つよぽん@今日はまたーり | 2008年8月 2日 (土) 18時10分

参考にさせていただきますsign03

ドクターに信頼される看護師目指してこれからまた頑張りますょpencil

投稿: まゆみ | 2008年8月 3日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510591/41710291

この記事へのトラックバック一覧です: 成長の早い看護師:

« Newケータイ、ゲト(・∀・)v | トップページ | 2008.7.5 (Sat) LIVE at PASSARO »