« 嗚呼、脱臼人生… | トップページ | 医師の誤診と悪意 その1 »

2008年3月23日 (日)

医療を語る資格、動かす資格、裁く資格

年度末で看護師やリハビリ、事務のスタッフも異動があります。
病院人事、なんじゃそりゃ…と思うことがしばしば。どうしてだろう…。
経営のことしか知らない(いや経営のことすら知らない)人たちが
決めているからじゃないだろうか。

院長のやろうとしていること、現場の意識からするとときどき
「はぁ?」と思うことがある。それでもまだマシかなと思うのは
院長も臨床をやっていて現場の感覚を持っているからです、きっと。

看護部長の言うこと、院長以上に「はぁ?」と思うことが多い。
院長って外来などそれでもまだ多少は臨床をやっているけど
看護部長という職の人はもう現場の“看護”をしていないからだと思う。

医療政策、現場の感覚と大きくズレていることばっかりです。
現場を体感していない人たちが決めているからじゃないかなぁ。
政治家も役人もリアルな医療現場を見ていない。
医師免許を持った厚生官僚も…現場から見れば彼らは医者じゃない。

医療に関する報道の支離滅裂さにため息が出ることがある。
医療を知らない人たちが書いたりするからです。
いわゆる“評論家”の意見に失笑することがあったりする。
机上で理屈だけこねくり回してるのがバレバレでも素人は騙される。

医療訴訟、現場の感覚からすると信じられない判決が出たりします。
医療を知らない人たちが裁いているからです。間違いない。

逆に現場の医師は現場しか知らない、そうかもしれない。
最前線の医師は経営も、政治も、法律も、作文もプロじゃない。
語られちゃったり決められちゃったり裁かれちゃったりする我々も
報道する人たちや政治を動かす人たちや法律を駆使する人たち
彼らの分野の知識と彼らの視点で考える想像力が必要かもしれない。

逆に…
報道・法曹・政策のプロにも知識と想像力を持ってもらいたいと思う。
医学を学べとは言わない。せめて医療を学んで欲しい。

患者の痛みがわからない医者に医者の資格はない。そりゃそうだ。
だから同じだと思う。対立は得策ではないけれど、医療現場を知らない
知る気もないヤツらに医療を語らせるな。決めさせるな。裁かせるな。

だから…
福島県立大野病院の産婦人科、加藤医師が無罪となることを信じます。
(イイタイコトは結局コレだったりしてww)


帝王切開手術ミスで死亡、産婦人科医に禁固1年求刑…福島 2008.3.21読売新聞
第13回大野事件公判!(僻地の産科医さん)
主義なき検察(Atsullow-s caffeeさん)

|

« 嗚呼、脱臼人生… | トップページ | 医師の誤診と悪意 その1 »

コメント

専門外のことを理解するには、
知識のほかに想像力が必要だと思います。
また、自分の無知、未熟を認め、訂正する勇気も……。

言うは易く、行うはなんとやらですけどね(^_^;)

投稿: 蝸牛 | 2008年3月23日 (日) 20時18分

ご無沙汰しております
勤務医の労働条件改善に奔走していた同期の内科医は、あきらめたのか最近開業しちゃいました。自分のQOLを優先するか、volunteerとして地域に貢献するかどちらかしかないのでしょうか?ご存知のようにアメリカの医療制度も問題く、obamaやclintonも色々熱っぽく語ってますが現実は、、?戦うSK外科医 応援します

投稿: satussy | 2008年3月24日 (月) 04時17分

>蝸牛さん

すべての分野のスペシャリストになるのはムリですもんね。
反対の立場だったら…と“本気で”シミュレーションできる
柔軟性を皆が持っていたらずいぶん違うと思います。

自分の無知、未熟を認め、訂正する勇気…
どんな分野でもプロってのはプライド高いですもんねぇ。

>satussyさん

おお、ご無沙汰でした。ミネソタで頑張っているご様子。
ところで…応援します??
ばかもーん、テメーも戦うんじゃーsign03ヽ(`д´;)/

投稿: つよぽん | 2008年3月24日 (月) 18時01分

うわっ!? 
私は努めて穏便に進めたいと思います。
戦うなんて、そんな、めっそうもない、、、
もっとも
Hammond B3+Leslieを師匠が買ったら
言う事きいちゃうかも!?  なんてね

投稿: satussy | 2008年3月25日 (火) 05時47分

努めて穏便に?
何をおっしゃいます。オレなんかよりずっと熱いくせにww
Hammond B3+Leslie、ミネソタ土産に1セットよろしく♪
そしたらバンドももっと頑張ります(*^_^*)

投稿: つよぽん | 2008年3月25日 (火) 09時33分

11時前なのに来れましたよ。
興味深く読ませていただきました(^_^)

投稿: ZEBRA | 2008年3月26日 (水) 10時48分

>ZEBRAさん

はーい、医局の送別会で飲んできましたですbeer
でも私も11時前なのに来ましたよ♪
ヨッパラッチーなので何書いてるか自分でもよくわかりませんが
必死にボケかまそうとしている努力は買ってください。

投稿: つよぽん@ヨパライ | 2008年3月26日 (水) 22時19分

精一杯のボケ、買いました。
携帯で読むのは重すぎたので、PCからにしようかと思ってますですよー

投稿: zebra | 2008年3月27日 (木) 22時28分

PCから書き込んだら名前が小文字になってしまったf^_^;

ZEBRA@ヨパライ

投稿: ZEBRA | 2008年3月27日 (木) 22時36分

>ZEBRA@ヨパライさん

やっぱヨパライの私のコメントは切れ味ないっすね…
ぃゃ、いつも切れ味あるわけじゃないけど(-_-;)
けっこう字が多いので確かにPCじゃないと
読むのツライかも。

投稿: つよぽん@シラフ | 2008年3月28日 (金) 07時08分

こんばんは!mixiからお邪魔しましたm(__)m
大野病院は私の田舎から割と近いんです。
加藤医師の無罪、私も信じてます。

…こんなコメントしか出来なくてすみません(-_-;)
またお邪魔させていただきます!

投稿: Machi | 2008年3月29日 (土) 00時23分

つよぽん先生のブログはとても熱いですね(*^^*)

読みながら、そうそう!そうなんだよねぇなんて
相槌を打ちながら拝見させてもらってますnote

これからも宜しくお願いしますねconfident

投稿: かんちゃん | 2008年3月30日 (日) 13時13分

>Machiさん

加藤医師、とてもマジメでいい先生だと聞いています。
患者が亡くなったことは不幸だったけれど
真摯に患者と向き合う医師ほど傷ついてゆく、
真っ直ぐな医師ほど心を折られやすいそんな社会状況に、
どんどんなっていってる気がします。
この判決が出たとき、無罪、有罪、いずれにせよ
なにかが動く、なにかが変わると思います。

>かんちゃん

熱いっすか?w
暑苦しくはならないよう気をつけます(^^;)

投稿: つよぽん | 2008年4月 6日 (日) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510591/40605692

この記事へのトラックバック一覧です: 医療を語る資格、動かす資格、裁く資格:

« 嗚呼、脱臼人生… | トップページ | 医師の誤診と悪意 その1 »